ニキビに効果的なビタミンC誘導体とは?

ビタミンCはニキビに効く!と言う知識がある人は多いのではないでしょうか。 では、ビタミンC誘導体と言うものは何か、ご存じの方はどれだけいるでしょうか。 今回はそのビタミンC誘導体とはどういったものか、またそれがニキビにどう効果的なのかをお話ししていきたいと思います。

ビタミンC誘導体とは、肌への浸透を効率よくする為に、酸化しやすいビタミンC本来の透過性をアップし、その成分を安定させたものであり、脂溶性と水溶性があります。

効果としては、ニキビ発生の原因となる活性酸素を取り除く過剰な皮脂分泌を抑える働きニキビ跡に起こる色素沈着等、ニキビ跡の原因となるメラニン生成を抑える働きそして、真皮コラーゲンを作る働きを助け、ニキビ跡で出来てしまったくぼみをなめらかにするといった効果があります。

ビタミンC誘導体の使用方法ですが、洗顔後、通常の化粧水をつけるよな感覚で塗って頂くだけでOKです。

効率よく肌に浸透させる為に、ビタミンC誘導体と普段お使いの化粧水をコットンにたっぷりと染み込ませ、数分肌にのせておいたり顔全体につけた後で、ラップやパック等で顔を覆ってしまうのも効率よく肌へとりこむ事が出来ると思います。

それでもまだ物足りないと言う人の為に、イオン導入と言うものがあります。ビタミンC誘導体をもっと効果的に肌へ浸透させたい場合は、イオン導入器を使用しましょう。

このイオン導入器とは、微弱電流が通っており、それを直接肌へ流す事でビタミンC誘導体のイオン化が始まり、それを肌の奥深くまで浸透させていく為の機械です。

このイオン導入器を使用する事により、そのまま普通に肌へつけた時と比較しても、肌への浸透力は約50~100倍にまでアップすると言われています。そうする事により、ニキビはもちろんの事、毛穴やシミ、色むら、くすみ等、ビタミンCが有効とされているような肌トラブル全般に効果があるのです。

メニュー

ページの先頭へ