思春期ニキビから大人ニキビへ…増加する大人ニキビとは

学生時代に出来る思春期ニキビと大人になって出来る大人ニキビ、どちらもニキビとは言えど、違う原因で出来るのをご存じでしょうか?今回は、思春期ニキビと大人ニキビについてお話ししていきたいと思います。

まず思春期ニキビですが、この頃に出来るニキビは、皮脂量と毛穴の大きさが見合っていません。 と言うのも、成長に伴い、皮脂量は増えるものの、毛穴が未発達なのです。それこそが最大の原因になっています。

さて、その皮脂量とは、一体何歳ぐらいが最も多いかお分かりでしょうか?答えは、25歳前後がピークと言われています。思春期ニキビはどちらかと言えばオイリーな感じですが、かといって皮脂量が過剰に分泌されていると言う訳でもありません。

ただ単に、皮脂を排出する為の毛穴が小さいが為に出来やすくなっているのです。ですから、成長につれて、自然とニキビが改善されるケースもよくある事です。

そして、大人ニキビですが、思春期ニキビと異なり、毛穴そのものに問題はないのですがストレスや外的要因、生活リズムの乱れ、ホルモンバランスの低下等の様々な原因によって皮脂量と毛穴の大きさのバランスに乱れが生じてしまうのです。

毛穴そのものの原因としては、毛穴自体が元々小さい汚れた角質や異物等によって毛穴を塞いでしまう 皮脂量を過剰分泌してしまい排出が難しくなる等といった事があります。その中でも大人ニキビで一番頭を抱える点としては、乾燥肌にも関わらずニキビが出来るケースです。

ニキビと言うと、オイリー肌を想像しますが、こういった状態のままで思春期ニキビと同様のケアをした所で逆効果になってしまい、かえって症状を悪化させてしまう事もあります。こういった大人ニキビが増加傾向にある理由は何なのでしょうか。

実際に、ニキビに悩まされている20歳以上の人が多くなってきています。大人ニキビは思春期ニキビと違い、成長過程の中で改善されると言うものではないので一度出来てしまうと、なかなか綺麗に治りにくいと言う問題があります。

その理由は様々ですが、一番の理由として化粧品の影響が挙げられます。その他、精神的ストレスや普段の食事内容等も関係しているのですが日頃使用している化粧品の影響力がとても大きいのではないかと思います。

事例として、思春期ニキビが改善されてきた時期に、いろんな成分が配合されている化粧品を使う事で 肌ストレスへと繋がり、再度ニキビが出来て悩まされるようになってしまい思春期ニキビと同様のケアをしつつも、なかなか治りにくいと言うケースがあります。

そもそも、根本的に思春期ニキビと大人ニキビの出来る原因事自体が異なるので同様のスキンケアをしても治らないのです。要するに、大人ニキビで悩まされ続けている人は、ニキビそのものに対して、誤った知識があるから、とも言えるでしょう。

メニュー

ページの先頭へ